「現実」というリアルを楽しく伝える努力 可哀想とか大変そうとかという人事ではなく同じ社会の1人として捉え 障害は社会が作り上げたものだということを視覚で伝える 本当に理解し合えれば可哀想とか大変だという考えは出ない

渋谷 ユーロスペースで今日から公開された、田中悠輝監督の作品「インディペンデントリビング」を観賞してきました。いろいろな障害者や介助者などの生活を題材したドキュメンタリー作品で、感想を一言で表すと「今の世の中にぴったりの作品」でした。
障害者に対するイメージが良い意味で変わると思い、僕自身も作品を通して改めて「障害を持って生まれてきて良かった」と心から思いました。
エンターテイメントはやはり福祉や障害者にとって必要なツールだと感じました。

カテゴリー :