下の画像をクリックすることで
簡易版を読むことができます。
このデータは全ページではありません。

My Action~自分から行動すれば、周りも変わる~

¥980(税込)

障害を持って生まれた私の29年の振り返り。
生きた証を文章で残し、障害を持って生まれた人生に
何らかの意味を見出したいと考えこの本を書きました。

「人はいつ死ぬかわからない」
それは誰にでも当てはまることである。

「自分がやりたいと思ったことは、
周りの人に迷惑もかけない程度にやる!」
「障害があってもやる前から諦めない」
という気持ちでこれからの人生も
悔いのないように全力で楽しみたいと思います。

分岐点

¥1,500(税込)
+スマートレター:¥180

2021年2月15日に、約5年ぶりとなる書籍"分岐点"を出版。

津久井やまゆり園障害者殺傷事件・八王子市障害者福祉課との重度訪問介護の交渉・新型コロナウイルス感染拡大などを振り返り、これからどういった世界になるのか、またMy Actionとしてどういった活動していくかなどを綴った。

己を革命せよ

¥1,800(税抜)
+スマートレター:¥180

約3年ぶりとなる、表現者・杉山健太郎としての書籍。
僕が福祉作業所などが販売しているパンやクッキーなどを含めて、いろいろなものを販売する時の方法に対してや、AIをどうやって取り入れていけば生活が豊かになるのではといったことを書いています。
また、NFTやAIを活用した様々な新しいモノに対してなるべく拒否反応を起こさない方がいいよ!といった内容です。

僕のような手足を動かすことのできない障害者や、先にも書いたように福祉作業所を経営している人に特に読んでもらいたいと思っています。
もちろん、高校生や大学生などいろいろな方にもどこかしらヒントとなるように書いています。

ひとつの空

¥2,500(税込)
+送料

"人の数だけ様々な夢や願いが、この空の下には存在している”

何も刺激が無い中で淡々と会社と家との往復で、自分が抱いていた夢や熱い想いをどこかに置いてきてしまった守。
看護師として、苦しんでいる人や辛い思いをしている人に笑顔になって欲しいと願いを持っている結衣。
サッカー選手になって世界でプレイをすることを叶える為に、病と闘いながら臓器提供者が現れて、以前の様に学校へ行き友達と遊んだり、学んだりする事を待ち望む翔。
「なんで私がこんなに辛い思いを」とそれまで平凡だった日々の中に突如突きつけられた現実を目の前にし、自分には何ができるのか・生きている意味はなんであるのかを考えるきっかけになる一冊。

“終わりが無いこのひとつの空の下では、誰かと誰かが支え合って存在して生きている”

購入フォーム

購入を希望される方はこちらのフォームをご入力ください。

お支払いは【銀行振込】とさせていただいております。

配送方法はレターパック又はスマートレーターで発送いたします。

お名前
メールアドレス
希望冊数
郵便番号 -
住所
備考