ともに考える どうしたら目立つか集まるか 人の数だけアイディアが 一つの社会にいるのだから

「介助者募集」アピールパフォーマンスに必要なプラカード作りの一歩。
自分とは違うという発想を抱かないようにこちらからお願いすることで、「共生」の気持ちが生まれると思う。
カタチになってアピールパフォーマンスのときに絶対に使おうっと。

カテゴリー :