まず触ってみることの大切さ わからない・怖いといった気持ちから自分で抜け出しこれからのスタンダードとなるテクノロジーやアートに触れる 10年前の非常識は現代の常識のように転がるボールのように 拾った知識を無駄にせず

今日もおうちで過ごしていて、いろいろと頭の中で考え事をしたり介助者と話をしたりしていると自分が考えていることや解決したいことに対しての霧が少しずつ晴れてきて、なんとなく輪郭が鮮明なものになって来ました。
夜は、エンタメ研究所関連でNFTやイーサリアムを活用したデジタルコンテンツについての勉強会を見ていました。いくら知識だけ入れても実際に触らないとわからないと改めて思いました。

カテゴリー :