コロナよ!どこかへ去ってくれ!! 支えてもらうことで成り立つ生活の中でモヤモヤ 社会を変えるには僕だけが我慢しても頑張ってもリミットがそこにある 絶望するな!前を向け!!と自分に言い聞かせる

日中の介助者がぎっくり腰になってお休みという連絡が昨夜、寝る前に電話でかかってきてテンションが一気に下がって“どうしたら介助者を増やすことができるのか”と朝からずっと考えていました。
介助者が来てくれないと生活が成り立たなく、やろうとしていたことが全てクリアになってしまうことは避けていきたいと同時に、よりコミュニケーションを多く取る必要があると感じました。

カテゴリー :