座位保持に座っている僕

出来事をそのままにしておかずに表現へと いつものリズムでなくても少しずつルーティーンをつかむことでやがては物語の一部となってコンテンツを強く楽しくすることに繋がっていくから やる!と決めたらこれ以上ないほどに力を出し切る そこからあとはゆっくりとした時間を楽しむこと

昨日の大学での授業を終えて、学生と交わした話やそこから学んだことを忘れないうちにブログに書き留めていました。
身体は疲れているけれど、早い段階で行わないと鮮度が落ちてしまい表現者として納得がいくものや姿勢を作ることができないと思い、なんとか書くことができました。

カテゴリー :