想いと考えが歌へと変わる 姿は同じでも表記が違えば視点が違ってくる どちらとも自分であり届けたい想いは同じ 皆にとっての理想郷へ近づくために

ついに皆さんへ情報をお届けできるところまで来れて、サポートしていただいた方に心から感謝の気持ちでいっぱいです。
改めて「歌を通じて自分の想い」を表現することが僕には必要で適していると感じそのためには妥協はせず、今の自分が持っている力を最大限発揮することが自分には課せられていると改めて思いました。

カテゴリー :