部屋の天井から見下ろして撮影して、座位保持に座ってパソコンを眺めている僕

甘やかした分だけ追い込む時間 心は雲のようにどこかフワフワとして落ち着かずも止まらずに少しずつでも頭の中に出てきたストーリーを文章というアイテムでカタチへチェンジ お米と豚肉の長い棒状のものだけ体内へ 地味で鮮やかでは無いことを続けることでキラキラと

昨晩にレモンサワーの缶チューハイを一本だけ飲んだだけなのに、22時前には寝てしまいました。
今日も朝から寒くてなかなか起きられず、おうちでずっと小説の続きを書いていたら1日が過ぎていました。思ったより活動ができず悔しさが残りましたが、これが今日の自分の精一杯の結果なんだと思いました。

カテゴリー :