自分をどこまでオープンにするか 身体のこと心のことを包み隠さずにぶつけていけるのかそのせめぎ合い 綱引きのように引っ張り過ぎても伝わらず緩めることがポイント 相手が持っている情報を自分に吸収し成長へと

来月から新しく入ってもらう介助者との顔合わせがありました。
毎回、新しい人との顔合わせがあるときはドキドキとワクワクが交差していて自分が持っていない知識を持っている人と関わることができることへの楽しみが湧いて出てきます。
今回の新しい人も自分に持っていない知識を持ち合わせていたのでいろいろ楽しみです。

カテゴリー :