達成感をいっぱい感じながら 先は長いがきっとたどり着くはず 地球から月への距離に比べたら短いと思う 一歩ずつ確実におさえていくしかルートはない

果てしない距離の作業をひたすらカタカタしていました。家を出て歩いていると青空の中に白い月が見えて「あそこまでどれぐらいの距離があるのだろう」と考えながら歩いていました。
絶対にたどり着く、いつかは終わる、そこまでたどり着くのにいろいろな経験をしてたくさんの失敗をして、最後に大きな達成感を味わえるのだと思いました。

カテゴリー :