1時間・1日・1週間過ぎるのが風のよう 座る時のように反転させられたらと思う日も それが叶わないが故に良いことも 「自分らしさ」を保つのも一苦労

本当に同じ時間の進み方なのかと疑いたくなるくらい、時間が経つのが早く感じる。
今自分が悩んでいることは「らしさ」をどこまで出せるかにかかっていると理解しているつもり。
不安と解決したいという気持ちが自分の中にあって、なんとか解決できるように方の力を抜いて砂みたいに軽い気持ちでいたい。

カテゴリー :