10年という月日の中で「特別」から「当たり前」へ 呼吸ができることそれを維持するために 使い続けることでサポーターを増やして行く やがてそれはメインストリームへ

僕は直接あまり関わっていませんが、呼ネットが設立して10周年になりました。
今と10年前では呼吸器を使って街中を歩いているユーザーは明らかに数が違っていて、今や「当たり前」になっていっています。が、ユーザーにとっては語りつくせないほどの苦労や喜びが10年という月日に込められています。
これから「10年後」は障害問わず呼吸器を使っているユーザーが「普通」な時代になっていくことを願います。

カテゴリー :